戻る

FRV遠隔監視システム

お客様に安心感をお届けする3つの特徴

1.お客様の大切な資産を24時間365日見守ります

弊社独自の遠隔監視システムによって、昼夜問わずお客様の大切な機械式駐車装置の状態を監視します。

2.重大故障予防 事故を未然に防ぐ不具合の予防

画像を拡大する

常時監視により装置を遠隔診断することは毎日保守点検を行っている事と同様の意味を持ちます。遠隔で取得した装置の稼働状況データを解析し、トラブルの前兆の早期発見や予防保全の提案に繋げることで、故障を未然に防ぎ、安定した装置の稼働に寄与いたします。

3.もしもの時のスピード対応

トラブルが発生しても、遠隔監視システムによりトラブル内容を把握できるため、お客様から頂く連絡は簡単な確認だけで済みます。更に手配する作業員もトラブル内容を確認できるため、現場到着後スピーディな作業が可能となり復旧時間の短縮が見込まれます。

FRV遠隔監視システム概要

画像を拡大する

遠隔監視システムについての質問&回答

お問い合わせの多いご質問をご用意いたしました。

遠隔監視システムとはどのようなものなの?

機械式駐車装置の動作状況を遠隔で監視する仕組みです。装置の制御盤内にある制御コンピュータ(通称シーケンサ/PLC)に通信機器を接続し、遠隔通信にて装置の制御信号を読み取ることで、エレベーター同様に24時間・365日、常時動作状況を遠隔で監視します。

遠隔で制御信号を読み取ってどのような意味があるの?

保守点検時以外であっても、常時装置の制御信号を監視することにより、故障発生および故障個所の特定、不具合に発展する恐れのある前兆を検知し、装置の停止時間を最小に抑えるスピーディな対応が可能となります。

未然に防げない不具合が発生した場合は?

不具合エラー発生と同時に不具合の特定が可能となります。その情報を作業員と共有することにより、現場到着後の復旧時間の大幅な短縮が見込まれます。

遠隔監視機器はどの装置にも設置できるの?

設置可能な装置には制約があります。装置および制御コンピューター(通称シーケンサ/PLC)の種別、装置の世知状況をやご契約状態にもより異なります。事前の調査の上対応可能可否を回答いたします。

遠隔監視システム導入後のメンテナンスはどのようになるの?

現在のメンテナンスは現場作業が主体ですが、チェーン給油や目視点検等有人作業を要する項目以外は、遠隔監視システムによって取得したデータを基に判断を行います。

遠隔監視システムを導入する費用はいくらなの?

遠隔監視システムの初期費用は弊社にて負担いたします(解約後は撤去)。しかしながら、装置の制御コンピューター(通称シーケンサ/PLC)の種別・メーカー・型番によっては、遠隔監視システムに対応するための制御コンピューターの交換等の費用を一部ご負担頂く場合があります。装置を事前調査の上回答いたします。

現在の契約形態やメンテナンス費用の変更はあるの?(弊社とご契約済の場合)

ご契約の内容によっては、契約(書)内容の変更や定期保守点検費用、緊急保守点検費用等の改訂が必要となる場合があります。契約状況を確認の上回答いたします。

(C) Famm Co.,Ltd.