戻る

研究・開発

チェーンオイルについての研究

立体駐車場を長年維持するためには、立体駐車場の装置に使用されているチェーンなどへの給油が必要不可欠です。
しかし、屋外に設置されている場合、雨風の影響を受け油が雨で流れたり風で飛散してしまうことがあります。
当社では、このような事態を少しでも軽減させるべく、さまざまなオイルメーカーより集めた多彩なオイルを、屋内および屋外の自社研究施設で実際にチェーンへの塗布を行い、環境変化の影響度に関する調査を行っております。
この調査結果をもとに、環境や季節、またはチェーンのコンディションに合わせたオイルを選定し、お客様に安全・安心して立体駐車場をご利用いただけるよう研究を続けております。

機械動作についての研究

多数の機器が存在し、それらが互いに連携し正しい動作をすることにより、立体駐車場は快適にご利用いただくことができます。
しかし、長い年月に渡り使用を繰り返すことで、徐々にその機能が低下いたします。
機能が低下した状態の部品を使い続けると、立体駐車場の故障につながり入出庫が困難な状況に陥る恐れがあります。
当社では、実際に装置で使用されているものと同じ一部の装置を自社研究施設にて再現。
動作状況の変化などの調査・研究を行っております。
実際に現場で発生する故障などを事前に把握することで、原因の追究や対策作業に役立てる活動を行っております。

独自部品の開発(特許出願中)

立体駐車場のメンテナンスだけでなく、立体駐車場のメーカーでもある当社は、豊富な経験から生み出されたノウハウのもと、独自部品の開発を行っております。
現在、特許出願中のため、写真などを掲載することができません。
当社は立体駐車場に関する研究・開発を今後も続けてまいります。

(C) Famm Co.,Ltd.